え!お前がナンパ!?

初めまして。けいです。


ブログ初投稿なので今回は自己紹介をしようと思います。


まず僕の学生時代にさかのぼります。


中学時代。

中学時代はもっぱら部活少年でした。僕は小学校の頃からバドミントンをしていて中学に入ってもずっとバドミントンに打ち込んでいました。バドミントン部なのになぜか坊主でよく野球部と間違われていました。そして中学の時が僕の人生1のモテ期でもありました。僕は経験者ということもあり、それなりにスポーツが強かったのもあって中学3年間で10人以上に告白されるくらいモテ期でした(可愛いとは言ってない)。中3の時は学年トップクラスの可愛い子に告白され付き合ったりもしました。今思えば本当にモテ期だったと思います。風は俺に吹いていると言わんばかりに調子に乗ってました。そして高校進学。しかも市内で1番頭のいい高校になぜか受かってしまったのでその高校に進学、さらに調子に乗ってました。


高校時代。

さあ、これからは俺の時代だ!勉強もスポーツも完璧にこなしてやるぞ!俺ならできる!そんな超順風満帆みたいな高校生活を想像して入学したのですが、ところがどっこい。まず勉強のレベルが桁違い。僕が入学した高校は中高一貫のバリバリ進学高校で周りの奴らは超エリート集団。ぽっと出の僕とは勉強に対する意識が違いました。そして僕は真逆のタイプだったので全く友達ができませんでした。さらに鬼のような課題。先生には目をつけられ呼び出される日々。僕の高校はめちゃめちゃ先生が厳しくて僕のようないわゆる"浮いてる"奴は徹底的に排除されました。何回も学校をやめろと言われました。さらに唯一の救いである部活のバドミントンも周りの部活生と馴染めず全然楽しくなかったです。しかしその当時の僕はかなりの"完璧主義"だったので"できない自分"を死ぬほど責めてました。なんでこんなこともできないんだ?なんてダメなんだ俺は?口にヘルペスができるくらいストレスを受けていました。さらに僕は休んではいけないと無理して全てをこなそうとしていました。すると気がつくといわゆる"うつ病"に。学校も休みがちになり精神科に通って抗不安薬をもらっていました。その当時の僕は人生に絶望していました。人生に希望を見出せませんでした。もう終わったなとずっと思っていました。高校卒業後僕は専門か大学かという選択肢を決めざるを得なくとりあえず大学受験をして全て落ちたら適当に専門に行こうとしていました。しかしうつ病のこともあって卒業できる気が全くしていませんでした。しかしなんとなく受けた私立の大学に受かり親も高い学費を払ってくれるということで大学へ入学。そんな人生に絶望してた僕がナンパに出会ったのは大学2年生の時で、たまたまツイッターを見ていたらナンパしている人たちのアカウントを見つけてなんとナンパで女とヤりまくってるではないですか!?え、嘘やん。こんなん嘘やん。と疑っていたものの色々調べれば調べるほど本当っぽい。けど俺にナンパとか無理だわ、、、身長も166、、、自信とか微塵もないし、、、てな感じで最初は自分がナンパなんて絶対できないと思っていました。それからいっときそのことは忘れていたのですが、またある時たまたまアマゾンで買い物をしているとナンパの本が売っているじゃないですか!?買うだけ買ってみよう!と勢いでナンパ本買って読んでみるとすごく面白い。これはやっみる価値はあるかもしれない!とそれも勢いで友達を誘いナンパを始めることになったのです。